ブックオフせどりについて

ブックオフせどりとは、その名のとおりブックオフで商品を仕入れるせどりのことです。
特に本せどりの場合、仕入れの基本となる場所です。
そして、ブックオフには4種類の店舗があります。
一つ目は、「通常の店舗」。
よく目にする店舗です。
本やCDなどを扱っており、買い取りも行っています。
二つ目は、「BOOKOFF PLUS」。
本やCDの他、家電やアパレル商品なども取り扱っています。
普通の店舗とは違い、青とオレンジを基調にした建物になっています。
三つ目は、「BOOKOFF SUPER BAZAAR」。
いわゆる、大型店舗のブックオフです。
ビルのフロア全部がブックオフになっていることもあります。
BOOKOFF PLUSで扱っている商品に加えて、楽器・ブランド品・スポーツ用品など、様々な商品を扱っています。
四つ目は、「ブックオフオンライン」。
その名のとおり、オンライン上で営業しているブックオフです。
店舗せどりの腕が上がり、仕入れリストが作れるくらいになれば、こちらのほうが効率よく仕入れができます。
では、ブックオフせどりで狙い目の仕入れ時期ですが、一つ目は「年末年始」。
いわゆる、大掃除の時期です。
この時期は、本棚や段ボールにしまいっ放しになっていた本が、処分されることが多くなります。
捨てるにしても量があるので、ブックオフに持ち込まれることが多いのです。
二つ目は、「3月および9月」。
3月は、進学や就職の季節であり、それに伴い要らなくなった教科書などを処分しようと、ブックオフに持ち込まれることが多くなります。
9月は、人事異動の時期です。
人事異動が行われ、他の県や海外に行くことになると、不用品を処分する必要が出てくるので、やはりブックオフに持ち込まれることが多くなるのです。
三つ目は、「ブックオフの棚卸の時期」。
棚卸とは、いわゆる在庫管理のことで、どれくらいの在庫があるのかを確認する作業です。
ブックオフの棚卸は、毎月24~26日に行われます。
この間、商品の補充はされませんが、27日になると棚卸が済んで商品が一気に補充されるので、よい商品がたくさん仕入れられることが多くなっています。
四つ目は、「店舗のセール時期」。
ブックオフでは店舗ごとにセールを行っていますが、その情報は公式サイトで把握することができます。
「コミック20%オフ」「500円以下のCDは50%オフ」などのセールを行っているので、近くの店舗であれば行ってみるとよいでしょう。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です